アメリカ留学を経て選べる進路は、英語にまつわる仕事だけではありません。

語学留学の経験は仕事を選ぶ際に有利に働く

 

留学の経験は履歴書に書ける大きなメリット

 

年々海外からの旅行者におけるインバウンド消費は増加しており、国内でも海外マーケットの開拓は非常に重要な課題だとされています。
そのような時代に、ビジネスでは欠かせないアメリカへの留学を経験した人材は、あらゆる就職先で能力を生かすことが出来るでしょう。

 

アメリカ留学を生かした英語にまつわる就職先

旅行会社

留学を行うために旅行会社を利用する学生は少なくありません。
そのため、実際に旅行会社を経由して留学を行った経験のある学生は、留学に際する不安や留学のメリットなど学生の気になるポイントを深く理解した上で業務に取り込むことが出来ます。

 

また、旅行会社は現地のスタッフとやりとりする必要も出てくるため、留学で培った英語力を生かすことも可能です。
以上の理由から、旅行会社に就職する留学経験者は一定数存在するとされています。

 

語学講師

 

英語を板書する女性

 

海外留学で培った語学力をベースに、人に英語を教える立場になる人もいます。
語学講師として、英会話スクールに務める人もいれば、マンションの一室を借りて自分で英会話教室を開く人もいます。

 

生徒のレベルによって必要な語学力には差がありますが、海外留学に行く前に英語力を高めておきたい学生がスキルアップの場に英会話教室を選択する場合もあるため、留学の経験は存分に生かせるでしょう。

 

ホテル・旅館

多くの旅行者が利用するホテルや旅館といった宿泊業において、留学経験は非常に役に立ちます。
特に都内のホテル・旅館ならば外国人のお客様も多く、留学で培った英語力を存分に発揮することが可能です。

 

また、留学で培う能力は英語力ではありません。
世界中から集まる様々な属性を持った学生の中で勉強をすることで、自然と国際的なマナーや文化への理解が深まります
特に宗教的な観点で柔軟な対応を求められるホテル・旅館では“世界への理解”が大切な経験になるのではないでしょうか。

 

外資系企業

 

ニューヨークに立ち並ぶビル群(外資系企業)

 

外資系企業とは、海外株主の意向が強く反映される企業のことです。
海外の企業が日本で会社を設立した場合や、日本と共同出資で会社を設立した会社が外資系企業に当たりますが、総じて海外との繋がりが強いことが特徴的な企業とされています。

 

海外との繋がりが強いと言うことは、通常の業務で外国語を使用することは日常的です。
募集に際して基準となるTOEICの点数があり、一般的に高いハードルとされていますが、留学によって英語力に自信のある学生にはもってこいの企業になります。

 

留学は進路選択に大きな影響を与える

 

進路選択の可能性を広げる

 

仮にご紹介した進路を選ばなくても、英語の能力が高い人材はどのような企業にとっても魅力的とされています。
しかし、せっかく培った語学力を全く活用できない業種への就職はもったいないと言わざるを得ません。

 

また、英語が苦手な人は多く、他の就活生に差をつけるポイントにもなります。
もし少しでも留学の経験を就職に生かしたいという気持ちがあるのなら、留学時にはしっかり英語力を磨くための努力が必要になるのではないでしょうか。

TOPへ