アメリカへ留学する魅力的な理由と、その人気について解説します。

 

英語学習の選択肢が増えた今でも、アメリカは留学先として候補に挙がる国の筆頭です。
これは“英語を学ぶ”という本来の目的以外にも、日本人を惹きつけて離さない魅力があるという証拠!
留学生に人気のアメリカについて、少しずつ紐解いていきます。

 

世界中の人が学びに来る最先端の国

PCで学習する子ども

文化、経済、学問、政治、医療、ビジネス…。
アメリカが最先端を行く分野は、数えてみればきりがありません。
日本人のみならず、世界中の人々がアメリカを留学先に選んでいるのです。

 

語学留学はその一部に過ぎませんが、人それぞれの目的で世界中の人が集まるからこそアメリカを選ぶ理由になりえます。
色々な人が集まるから、留学生を受け入れる土壌が十分に整っている
つまり、語学留学に行きたい人たちの多種多様なニーズに応えられるだけの選択肢がとても豊富に用意されているんですね。

 

日本人が珍しくない?

横断歩道を歩く日本人たち

ハワイニューヨークなど、日本人に知名度がある地域にはそれだけ日本人がいると思ってください。
アジア系留学生自体少なくないため、日本人が珍しがられたりすることはまずないでしょう。

 

意外と知られていないかもしれませんが、昔アメリカに移住した日本人が、独自のコミュニティーを築いている地域もあります。
日本でいうところの横浜の中華街や、新大久保のコリアンタウンをイメージするとわかりやすいかも?

 

人種のサラダボウルは多くの民族を受け入れる

 

アメリカに根付いているのは、多様な価値観を許容する国民性です。
現在アメリカに住んでいる人たちの祖先は、大多数が他の国から移住してきました。
まさに、人種のサラダボウルの名に恥じない多民族国家といえますね。

 

様々な人種の人達が仲良くしている

 

そんなお国柄ですので、留学生としてやってきたあなたを温かく受け入れてくれることでしょう。
また、他国からの留学生たちとも交流を持つきっかけが出来るはず。
英語で異文化コミュニケーションできたとき、何よりも嬉しい思い出になること間違いなしです!

 

 

自己主張を恐れない

 

このページで述べてきた通り、色んな国の人たちが暮らしているのがアメリカです。
そこで上手く付き合っていくために、「自分の意見をしっかりと持つ」という考えが培われてきました。

 

日本では少し敬遠されそうな、率直な意見を求められることもあります。しかし、恐れる必要は全くありません。
正しいと思った意見は堂々と述べて、自分をアピールしていく力が求められるのです。

 

臆病な自分を変えたい…」という方も、アメリカへの留学を是非検討してみてください。

TOPへ